カスタム設定 v.3

MPEG Exporter TNGのカスタム設定コンポーネントのアップデートを行います。
過去最大級の更新であり、初期設定ファイルの形式とファイル名を刷新するため、カスタム設定コンポーネントの初回起動時には今までのカスタム設定の内容を新しい設定ファイルに自動的に読み込みます。
新しいカスタム設定は以下の特徴があります。

・QuickTimeまたはCoreMediaの設定をリスト形式から選択できる
  選択できる項目はOSの環境に合わせて自動的に変化する
  afconvert/avconvertはパラメータ追記ができる
・従来は設定の「名称+(説明)」が保存されていましたが、(説明)の部分は指定することができなくなります
  ただしすでに(説明)が入力されている古い設定を使用する場合、(説明)を再編集できます
・設定を選択すると、編集画面が出ずにすぐにアプリ本体のウインドウに反映するようになります
  設定内容を編集する場合は、メニューの「編集...」を使用します

新しいカスタム設定コンポーネントは、ネットワークインストーラを通じて順次配信されます。
テーマ: Mac | ジャンル: コンピュータ

しゃべる着信音 ver.1.1

MacのSpeech音声Kyokoさん(Siriの中の人?)を使ってiPhoneで使用できる着信音を作成するスクリプトです。
変更点は2点です。

1. iTunes ver.12.7以上を使用している場合、iTunesで着信音を保存できなくなりましたので、ダウンロードフォルダに出力するだけになりました。以前のiTunesを使用している場合は、従来どおりにライブラリに登録します。
2. 使用する音声をスクリプトの方でKyokoさんに指定しました。Kyokoさんがインストールされていないとエラーになります。

ダウンロードページ
テーマ: Mac | ジャンル: コンピュータ

開発用ライブラリ OpenKit

AppleScriptユーザーにとって待望のprogress barがOS XのEl Capitanからシステムに標準で組み込まれました。しかし、その独特の実装スタイルのため、これを自作のスクリプトに組み込むにはかなりの手間がかかりました。ドラッグ&ドロップでファイルを処理するタイプのAppleScriptソフトウエア(droplet)にprogress barを簡単に組み込むためのスクリプトライブラリ OpenKitをリリースします。

・dropletのparentに指定して組み込む
・ファイルだけでなく、フォルダ内のファイルも数え上げてprogress barを表示する
・対象ファイルが一つだけの場合はprogress barを表示しない
・OS X Yosemite以前ではprogress barを表示せず動作する後方互換性を持つ
・当サイトの開発用スクリプトライブラリ CoreObjを含むため、豊富な機能を利用可能
続きを読む
テーマ: Mac | ジャンル: コンピュータ

MPEG Exporter TNG 設定プロファイル r.120

update.png
MPEG Exporter TNGの設定プロファイルをr.120にアップデートしました。
H.264映像部分は最新のffmpeg ver.3.1.2に対応し、AAC音声部分はMac OS Xに内蔵されている高音質のavconvert機能に対応しました。
続きを読む
テーマ: ソフトウェア | ジャンル: コンピュータ

HTML Conv-J ver.1.9

HTML Conv-J
テキストをHTMLに変換するスクリプトHTML Conv-J ver.1.9と、HTMLの表データの処理に特化したText2Table ver.2.9のセットです。ファイルをドラック&ドロップすると同じフォルダ内に変換後のファイルが出力され、ソフトウエのダブルクリックで起動するとクリップボードのテキストをHTMLに変換することも出来ます。
Text2Tableの初出は1996年であり、今年は20周年になります。今回、漢字Talk時代のアイコンを復刻しました(Finder上でコピペしただけ)。こんなに古いソフトがビルドしなおすだけでそこそこ動くということにも驚きますが、月日の経つのが早いのにも驚かされます。

解説ページ
tableタグの配色見本
ダウンロード
続きを読む
テーマ: ソフトウェア | ジャンル: コンピュータ