FC2ブログ

最高音質のiPod用ビデオエンコーダーへ

先のリリースでiPod用動画エンコードの音声に128kbpsのQuickTime AACを利用するようにしたところ,その高価が絶大で,今までに比べて明らかに音質が向上しました。そこでさらに欲を出して,世界最高の音質を出すための設定を考えてみたいと思います。
現在の設定はAAC 128kbpsで,これはiTunes Storeで販売されているミュージックビデオと同じです。これを,iPodの許容する上限である160kbpsに設定するだけです。
MPEG Exporter TNGでエンコード設定を行なうときに,「Advanced Options...」ボタンを押してカスタム画面に入ります。そこで「MPEG4-Vcopy-AAC128」とある部分を「MPEG4-Vcopy-AAC160」と書き換えるだけです。対応する設定リソースは既に配布済みです。
これだけで,iS(略)やHandB(略)よりもずっと高音質の動画エンコードが可能になります。これらのソフトと比べて,画質やiPodとの互換性,エンコード速度についても負けていません。
ざっとAAC,MP3の音質をエンコーダ別にまとめるとこんな感じでしょうか。

QuickTime AAC 160kbps(METのカスタマイズによる最高品質) > QuickTime AAC 128kbps(METの標準設定) > FAAC 128kbps (iS..やH.B.の標準設定) > LAME MP3 128kbps > iTunes MP3 128kbps

FAAC 160kbpsとQuickTime AAC 128kbpsのどちらが音質が良いかは判断が難しいところですが,個人的にはQuickTime AAC 128kbpsだと感じています。いずれにしても,FAAC 160kbpsはQuickTime AAC 160kbpsには勝てず,iPod用動画像ファイルの制限内ではQuickTime AAC 160kbpsが最高の音質となるでしょう。

なお,先頃リリースされたQuickTime 7.6ではAAC音声エンコードの改善も修正点に含まれています。あわせてご利用ください。
テーマ: 動画 | ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する