FC2ブログ

OsiriX Helperと Safari 4 互換性情報

OsiriX Helperは拡張されたURL Schemeハンドラアプリケーションです。これまで,FileMaker Proのパーソナルweb共有を使用することを念頭に置いて設計されていました。しかし,Safari 4になって,この拡張されたURL Schemeハンドラは「セキュリティホール」として利用できなくなりました
実際のところ,このURL Schemeハンドラを用いて任意のAppleScriptを実行することができるため,古参のAppleScript制作者には漢字Talkの時代から知られたセキュリティホールでした。これを実行するアプリAS Runner,webに組み込むAS Compiler,ブラウザの設定を書き換えるWWW Browser Protocol Switcherなど,当サイトで配布してきた一連のツールについては,Safari 4以降では利用できません(そもそもほとんどがClassic 68k?OS X PowerPC環境,NetscapeまたはMSIE向け)。
OsiriX HelperはSnow Leopard上でも引き続き拡張URL Schemeハンドラとして機能していますが,Safari 4からだけは呼び出すことができません。FileMaker Proと連携させる場合,ローカルでFileMaker Proアプリケーションを実行して連携する必要があります。

訂正:
osirixhelper:(pID)の形式では正しく動作しませんが,osirixhelper://(pID)の形式なら動作することがわかりました。この形式に対応するOsiriX Helperを近日中にリリースします。
テーマ: ソフトウェア | ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する