FC2ブログ

MPEG Exporter TNG ver.3.47 built in Snow Leopard

ffmpegやQuickTimeのフロントエンドで動作する動画変換ソフトウエア MPEG Exporter TNGを更新しました。
前回配布していたver.3.47はLionでコンパイルしていたため、Leopard以前の環境では動作しなかったようです。今回配布するものは、SnowLeopard環境でbuildした3.45のリソースだけ入れ替えて3.47を作成しました。
動作環境はTiger以降のPowerPC/intel(64ビット対応)であり、おそらくTiger~Leopardに対する最後のリリースになります。
もうすぐ登場するMountain Lionでは新しいアプリケーションの管理機能(Gatekeeper)が導入されるため、ついのアップデートではおそらくLeopard以前との互換性を保つことは難しくなるでしょう。

ffmpegを使用した変換にはコンパイル済みのffmpegが必要ですが、内蔵している設定はらけった版ffmpeg(svn-r8638u)に最適化されています。

ダウンロードはMacLab.からどうぞ。
私事ですが、このたびMacBook Air 11インチを購入しました。
このリリースの動作確認がPowerBook G4 Ti(Tiger)の最後の仕事となりました。
テーマ: ソフトウェア | ジャンル: コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する